法律トラブルと企業法務

会社起業経営支援

11月
18

ありとあらゆる物事にスタートがあるようにどの会社にも起業する瞬間があります。また既存の会社が新規事業を開始する場合にも対内的・対外的な企業体制の構築などの必要に迫られます。企業や新規事業が立ち上がり、成長していく過程では数多くの法律問題に直面するという事が現実です。その際には分社化・子会社化に伴うさらなる企業の設立並びに成長した企業のグループ再編の場合の租税法(税務)、商法、会社法などの法律上の諸問題、さらに企業が大きく成長した場合はM&A(Mergers and Acquisitions:合併と買収)の問題も無いとは言い切れません。

“その時”が訪れた場合は企業価値の上昇という意味合いにおいて企業の将来、シナジー効果(既存事業と新規事業の相乗効果)が望めるか?敵対的買収では無いか?残念ながら企業にとってマイナスなM&Aが起きてしまった際の対応など企業の将来を見据える意味合いにおいても各企業の顧問弁護士は数多くの事例に対処しています。

会社の起業または新規事業の開始、そしてその成長・発展さらにはその先の分社化・子会社化やグループ再編、M&Aなど会社経営における多岐にわたる法律問題に企業法務という形で顧問弁護士は携わっています。

未分類 会社起業経営支援 はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.